スポンサードリンク

2011年02月24日

クライストチャーチ 大地震 現地報告

大地震に襲われたクライストチャーチ、救出作業が続いていますが、まだまだ行方不明の方が多数います。

日本人の学生さんで英語の勉強をしていた皆さん、崩壊したCTVビルの中で、まだ発見されていません。

今朝、日本から救出のエキスパートが着き、12時間休みなしで救出作業をしていたオーストラリアのチームと交代しました。

現地では、ビルが崩壊しただけでなく火災も発生したため、その煙の中で生存できる可能性が低いため、作業をレスキューという言葉からリカバリーと言う言葉に代えました。

これは、もう生存している可能性がない、ということを示しており、日本からの報道陣が抗議したのも無理はありません。

少しでも、可能性があったら、と思うのはあたりまえです。

クライストチャーチの街の様子を空から撮影したものです。







今、一番危ないと言われているグランドチャンセラー ホテルのビル、傾いていて、これが倒れるとドミノ倒しに並んでいる3つ以上のビルが崩壊すると言われています。

おりしも、地震の前日、オークランド大学から耐震構造の専門家がクライストチャーチで、このビルの危険性と補強工事の方法を講義したばかりだったようです。

このホテルは昨年の夏、母や叔父、叔母、友人と数日泊り、とてもいい思い出を作ったホテルです。

あんなにきれいな街が、壊れてしまいました。

亡くなった方々の冥福をお祈ります。

そして、奇跡がおこり、一人でも多くの人が救出されるのを願っています。





posted by キウイママ at 09:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュージーランドの地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

大地震!クライストチャーチをまた直撃!

大地震がまたクライストチャーチで発生しました。

マグニチュード6.3、クライストチャーチ、リトルトンの東10km、深さ5kmの所で発生。

クライストチャーチでは大地震が昨年9月にも発生、もっと大きい地震でしたが死者は出ませんでした。でも、今回は・・・既に死者が出ているという報告があります。

正確な被害は、まだわかりませんが、バス2台が建物の下敷きになっていること、クライストチャーチ大聖堂の大半が崩壊したとニュースでは伝えています。

どうか、どうか、被害が大きくなりませんように。

クライストチャーチ空港は閉鎖されています。


twit220.jpg

この画像はヘラルド新聞のサイトから。

詳しいことは、ここからわかります。

http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10707996



posted by キウイママ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドの地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク