スポンサードリンク

2010年02月06日

ワイタンギ条約

ワイタンギデーで祝日のニュージーランドです。

ワイタンギデーはニュージーランドの建国記念日にあたります。


ヨーロッパから多くの移民がニュージーランドにやって来たのは19世紀になってからですが、1839年にイギリス人によって移民会社が設立され、ヨーロッパ人の一方的な侵略がひどくなっていきました。

和解の為にできたのがワイタンギ条約というわけです。

このワイタンギ条約は1840年の2月6日にイギリスを代表するホブソンと先住民であるマオリ族の首長たちとの間で締結されました。


で、ワイタンギはどこにあるか、といいますと、北島の北の方、東海岸にベイ オブ アイランドという地域にあります。

地図をどうぞ。

ワイタンギWaitangiはここです。↓

スクリーンショット(2010-02-06 18.04.07).png



条約というと何だかたくさん項目があるように思われますが、ワイタンギ条約は3つの条約があるだけです。

この解釈をめぐって今もマオリ人との争いが続いている訳で、ワイタンギデーはお祝いムードという訳ではありません。


特に土地の所有権を巡ってマオリ族と白人との間で争いが絶えず、1860年から1872年までは、マオリ戦争が起きていますし、土地所有権を巡る問題は今も多くの問題をひきずっています。


オーストラリアの建国記念日に当たるオーストラリアン デーはオーストラリア人であることを喜び、誇りをもつことを祝う日で祭りムードですが、ニュージーランドは、ちょっと違いますね。



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 




人気blogランキングへ他のブログも見てね。

posted by キウイママ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドのイベント・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ミルフォードサウンド Milford Sound

ミルフォードサウンドの写真もどうぞ♪

ミルフォードサウンドはニュージーランドの南島の南西部にあるフィヨルドで、南島観光の中心地の一つです。

世界遺産にも指定されているすばらしい自然景観です。

クイーンズタウンまで来たら、ミルフォードサウンドをクルーズ船で観光しなくては・・・。

ミルフォードサウンドは約15キロに渡って海岸が奥深く入り込んでいて、水深も約290メートルと、かなりあります。

マイター峰は海面から1692メートルの高さでそそり立っていて、有名なボーエン滝(160メートル)などの滝も数多く見られます。


PICT0139.jpg


アシカやアザラシもたくさん!!

PICT0135.jpg


PICT0130.jpg

ミルフォードトラックの終着地には飛行場もありますよ。



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 




人気blogランキングへ他のニュージーランドブログはここからどうぞ!
posted by キウイママ at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

クイーンズタウン

クインーズタウンは南島のサザンアルプスにある風光明媚な街です。

ワカテプ湖の湖畔にあるニュージーランドを代表する観光リゾート地になっていて、一万人ほどの街の人口より観光客の方が多い街です。

クイーンズタウンはアウトドアアクティビティーには欠くことなく、スキー、登山、パラグライディング、マウンテンバイク、パラセイリング、バンジージャンプ、ショットオーバーでの川下り、乗馬、等々、思いっきり楽しめます。

これはワカテプ湖です。

PICT0097 - Copy.jpeg

ワカテプ湖の湖畔にはホテルがいっぱい。

汽船で湖水回遊もいいですね。(水曜日は割引料金!)

PICT0098 - Copy.jpeg


クイーンズタウンの近くには1860年代にゴールドラッシュで賑わったアロータウンがあります。



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 




人気blogランキングへここから他のブログも見てね!
posted by キウイママ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

テカポ湖 〜 マウントクック

テカポ湖の写真をどうぞ。

クライストチャーチからはバスで陸路約4時間。

テカポ湖はニュージーランドの南島、サザンアルプス最高峰、アオラキ山の東方にある湖です。

氷成湖で、湖の色はまさにコバルトブルーです。

PICT0090 - Copy.jpeg

テカポ湖の南側に「良き羊飼いの教会」がありまして観光ルートになっています。

ここからさらにバスで約1時間、マウントクックへのハミテージホテルへ。

曇り空で風が強い日が多く、氷河に着陸する遊覧飛行はよくキャンセルされます。

PICT0092 - Copy.jpeg

曇り空でもクック山の山並みは壮大ですね。

ここからあとはクィーンズタウンへ!




<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 




人気blogランキングへ他のブログもここからどうぞ!




posted by キウイママ at 18:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

クライストチャーチ その4 カジノ

クライストチャーチのまたまた続きです。

クライストチャーチはカジノのある街です。

ニュージーランドでカジノがあるのはオークランドとクライストチャーチだけですが、みなさん結構ギャンブルが好きだとお見受けします。

カジノへも路面電車で行けますが、市の中心地を黄色の無料バスが走っていてこのバスもカジノの前に止まります。

この無料バスは観光客だけでなく地元の人もよく利用しているようですね。

PICT0015.jpg

カジノの中は写真撮影禁止で、写真はそとからのみ。

カジノの規模はオークランドのカジノに比べるとかなり小さいですね。

実は目的はカジノではなく、カジノ前にあるHaysというレストランです。

ホテルのレセプションの人が一押しの美味しいラム料理が食べられるというこのレストランです。↓

PICT0006.jpg

ラムシャンクスを食べましたが、なかなかのお味。

お値段もやや高めでしたが・・・。

大阪から来たという感じの良い若いお姉さんが働いていましたよ。



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 



人気blogランキングへ他のニュージーランドブログもここからどうぞ。
posted by キウイママ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

クライストチャーチ その3 エイボン川

クライストチャーチの続きです。

アートセンターと博物館の前で路面電車を降り、植物館を右手に歩いて行くとエイボン川を下るゴンドラの乗り場に着きます。

イタリアのベニスで見られるような小舟で日本ではゴンドラと言いますが、こちらではパンティングPuntingと言います。

ちなみにゴンドラというと高い所を移動するケーブルカーのような乗り物をさします。


PICT0059.jpg


すぐ横ではカヤックのレンタルもやっています。

エイボン川はきれいな植物園の中を悠々と流れています。

穏やかな夏の日射しに日本からの御一行は寝てしまった人も。(叔母です。)

PICT0063.jpg




PICT0067.jpg

私はゴンドラの先頭に陣取りました。

PICT0073.jpg

カヤックの人に手を振って、のどかな昼下がりでした。




<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 



人気blogランキングへ他のブログも見てね。
posted by キウイママ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

クライストチャーチ その2 路面電車

クライストチャーチ旅行の続きです。

大聖堂の前は広場になっていて、中心部をぐるっと回る路面電車の出発点にもなっています。

観光の名所に止まり、2日間乗り放題のチケットを買ってアートギャラリーや博物館、ショッピングストリートを目一杯回りました。

電車は観光客用でイギリス風のデザインでおしゃれです。


PICT0058.jpg

車掌さんが言うには、あのエベレスト山初登頂で有名なエドモンド ヒラリー卿が生前クライストチャーチに来て同じ電車に乗ったそうです。

写真も飾ってありましたよ。

PICT0052.jpg

どの電車も運転手さん、車掌さんは白髪の御老人が多くみんな愛想がよくてサービス満点です。

たぶん趣味でやっているんでしょうね。楽しくて仕方がない、という感じ。

始点の大聖堂の前の電車乗り場では、まだ若そうな日本人の男性が働いていて、白髪の車掌さんは、誰か彼にお嫁さんを探してくれ、なんて言います。ユーモアたっぷりですね。

PICT0055.jpg


乗り放題の電車のチケットはエイボン川でのゴンドラに乗るチケット付きのコンボで一人30ドルでした。2日間有効です。


クライストチャーチ旅行、まだ続きます♪


人気blogランキングへ



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 

posted by キウイママ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

クライストチャーチ その1 大聖堂

ニュージーランドは爽やかな夏の日々が続いています。

この夏休みは日本から4週間お客が来まして、12月、1月とニュージーランドの南島、北島を旅行して回りました。

そのときの様子を少しずつ御紹介致します♪

まずは、南島のクライストチャーチから。

オークランドから飛行機で約1時間、クライストチャーチに飛んで、成田から直行便で来た日本からの懐かしい御一行と合流しました。

クライストチャーチはニュージーランドで一番イギリス的だと言われています。

人口は約32万人、南島で一番大きく、ニュージーランドでは3番目に大きな街です。

そして、クライストチャーチと言えば、何と言っても大聖堂!

先ずは写真を。

PICT0036.jpg


PICT0035.jpg


中の様子はこんな感じ。

PICT0040.jpg


大聖堂の入り口を背中にして左側のビル、ここには観光案内所が入っています。

PICT0050.jpg

さすがに観光都市だけあって、インフォメーションセンターのおばさまもとても親切でしたよ。

ここでエイボン川をゴンドラで下る切符の予約もしました。



久しぶりの投稿になりました。

2010年もどうぞよろしくお願い致します。



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 




人気blogランキングへ他のオセアニア ブログもここから見られます。


posted by キウイママ at 20:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュージーランドの各地域・街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

メルボルンカップ 2009

メルボルンカップの日でしたね!

ニュージーランドのメディアではこの話題で持ち切りでした。

競馬界では最大のイベントです。

今朝のヘラルド新聞の一面もこの通り。


PICT2050.jpg


メルボルンカップは1861年に創設された歴史あるレースで、現在のオセアニアでの最高賞金額の奪い合いレースです。

どんなに大切なレースかは、毎年この競走の開催日は、メルボルン大都市圏ではメルボルンカップ・デーとして祝日になっていることからもわkりますね。

競馬の競走のために祝日となるのは世界でもオーストラリアだけです。


ここ、オークランドの職場でもどの馬に賭けるか、チケットが売られているところが多いです。
 
どのパブの前も人だかりで観戦しているが多かったですね。

結果はショッキングという馬の優勝。

日本のインターネットニュースにも詳しいことが出ていました。

ここからどうぞ↓






<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 


人気blogランキングへ
posted by キウイママ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドのイベント・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

異常気象!

ニュージーランドの気象台のニュースによりますと、先月10月は第二次世界大戦後の最低平均気温を記録した、とのことです。

確かに寒かったです。

全国の10月の平均気温は春なのに、なんと10.2度だったそうです。

9月は暖かかったのに、10月に入って急に温度が下がり雪が降り出す地域もあってスキー場が2週間ほど再オープンしたりしました。

温暖化現象が表れる前は気温が下がる所もある、とどこかで聞いた気がしますが本当かしら。

温暖化現象どころか氷河期に向かっているような気になります。



11月に入ったけど風は冷たいまま。

3ヶ月もすれば平年の気温に戻る、とニュースでは言っていましたが3ヶ月もかかるなんて!

クリスマスを始めとして夏休みが涼しすぎるのは、どうも頂けません。

暑い夏が恋しいです。



<PR>どの書籍にも書かれていない海外移住のシークレットを惜しげもなく告白!NZ行こう.com 





人気blogランキングへ他のNZブログもどうぞ。



posted by キウイママ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドの植物・自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク